下層ページイメージ

新着情報

サーバーやドメインの移管

(最終更新日:

ホームページのサーバー

最近の業務で追われているのが、レンタルサーバーの見直しやドメインの移管作業です。

携帯電話や電話会社もそうですが、乗り換える時はちょっと勇気がいりますね。

ホームページのレンタルサーバーは、契約時のサーバー容量やサービス条件のまま数年たってもサービス内容と金額が据え置きなままが多いので、容量が少なかったり、サービス内容に不備があるのに料金が高めだったりで、プラン自体に見直しの必要性が出てきています。

しかし同じサーバー会社の上位プラン(サービス内容と金額がアップ)へは変更ができるのに、同型プラン(金額が変わらずサービス内容が向上しているもの)には変更ができないことが多く、辟易してしまいます。。。

今ではSSLが無料だったり、月100円程度で利用できる会社も増えていますが、数年前に契約したプランだとそれが対象外だったりして、月額の料金は一緒なのに利用できない(泣)

お客様には良い条件でホームページを開設していただきたいので、いろいろ調べてご提案をしています。

サーバー移管とドメイン移管は、ホームページの表示をスムーズに転換するためのタイミングとデータの移行作業のスケジュールを組み、緊張感をもって進めています。

今回はサーバーの移管だけでなくドメインの移管も必要でしたので、ドメイン管理者情報の修正をしたり大変だったので次回のために、ドメイン移管の流れを忘備録しました。

  • まずは、ドメインの管理社に「オースコード」の確認とドメインの移管ができるかを確認します。
  • ドメインの移管ができる場合は、移管元の管理画面で管理情報を変更します。(1日くらいで変更できます)
  • ドメイン移管先に移管の手続きを行います。(移管先の管理画面で依頼)
  • 移管先からトランスファー承認手続きのメールが届きます。(承認する。)
  • 移管元からトランスファー申請に関する確認のご案内メールが届きます。(承認する。)
  • 移管先で料金を支払う

今回、移管作業を進めながら記しておりまだ途中なので、あとで書き直したいと思います。


« | »

こちらの記事もオススメです

新着情報一覧

ホームページ制作にまつわる便利な情報を長野より発信!