下層ページイメージ

SEO対策

内容の薄いページは読み込ませない-All in One SEO Packへ切り替えてみた

(最終更新日:

ページを増やすためだけに内容を気にしないでページを作成するのは今のSEO対策では逆効果なんです!!

All in One SEO Packへ切り替え

内部SEO対策では、コンテンツ内容と内部リンクが重視されています。
特にコンテンツ内容の充実については、多くのSEO情報でも書かれています。

どうしても該当のページは必要なのだけど、内容が薄くなってしまう場合はメタタグにnoindexを追加する方法があります。
例:<meta name=”robots” content=”nofollow”>
これは以前の記事「ホームページの掲載平均順位を上げてクリック数につなげたい」でもご紹介しました。

記載方法については、ワードプレスで構築しているサイトなら「All in One SEO Pack」プラグインで簡単に設定できます。
とても便利なプラグインで多くのサイトで紹介されていますが、わたし的にはひとつ問題がありました。

アーカイブページやカテゴリーページに「ディスクリプション(スニペット)」が設定できないみたいなんです。
カテゴリーページはクロールしてもらいたいし、サーチコンソールの「htmlの改善」で「記述なし」となってしまったらモヤモヤしそうです。。。

そこで functions.php に以下を追加してカテゴリーやアーカイブページにもディスクリプションが追加されるように記述。

しかし、ディスクリプションが全部同じになってしまい、カテゴリー別などに変更はできないので考え中。
サーチコンソールの「htmlの改善」で「重複」とでてくるだろうな。。。と思いつつ。

All in One SEO Packを使う前はfunctions.phpに記述

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • キーワード

これまでは、functions.php に指示してカスタムフィールドを作って入力していました。
これならカテゴリーやアーカイブページにもディスクリプションを入れられていました。
nofollow についても該当ページをfunctions.php に指示していたのでこれで対応はできていました。

All in One SEO Packに切り替えるかどうかずっと迷っていいたのですが、昨日、夜なべしてAll in One SEO Packに入力しなおしてみました。

切り替えるきっかけになったのが、ワードプレスの投稿一覧ページで、ディスクリプションやタイトルを一目で確認できることが決めてでした。
時々、投稿記事を書いてもディスクリプションを入力し忘れることがあって、わざわざ個別記事で確認していたのですがそれがちょっと面倒で。。。(忘れなきゃいいだけなんですけども)

あとは、管理画面上でメインのディスクリプションも変更できるのもやっぱり楽です。
そんなにコロコロ変更するものどうなのかというのもありますけども。

以上の内容をfunctions.phpに記述するのがいいのか、プラグインを入れるのがいいのか 、方法が多数あって迷いどころです。
あまりプラグインに頼りすぎるのもなんだか不安があったのですが、今回はこれでちょっと試してみようと思います。

やり方を変えただけで、これまでやっていた事は変わらないのでSEO的には変化がでるのかどうかはわかりませんが、検証はしていきます。

 

更に簡易的な方法として、ページに設定せずにリンクごとに設定することもできます。
例<a href=”・・・・” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

こちらについては以前の記事のターゲットブランクに追加するhtml に紹介しています。
ターゲットブランクにしない通常の内部リンクも同じ記載です。


« | »

こちらの記事もオススメです

新着情報一覧

ホームページ制作にまつわる便利な情報を長野より発信!