下層ページイメージ

SEO対策

SEO対策と表示順位の大変動

SEO対策画像

ホームページをリニューアルしてからSEO検証をして半年の間ですが、順位変動が激しいように感じます。
それは、他社さんのホームページを見ていても実感します。

特定のキーワードでの検証結果となりますが、3ページ目(25位前後)だったのが数日で2ページ目(15位前後)になったり、突然4ページ目に下がってしまったりと1週間ベースで大小変動していました。

特に10月に入ってからの変動が大きく、10月28日の大変動以降ではトップページではなく下層ページが表示される事態となっておりました。

なぜ、更新頻度の高いトップページではなく下層ページが表示されるようになったのか、その原因は「スニペット」にあるように思いました。

スニペットの重要性は以下のページでも記録してあります。

一緒に読みたい内部記事
CTR(クリックスルー)を高めるためにスニペットは重要です

その重要なスニペットを近しい文章で同じようなキーワードを入れており、ページ内の共通点も多いことから特定の下層ページが表示されるようになったのではないかと推測します。

また、その時に仕事をご依頼いただいた会社様の事情によっても、その特定のページへの口コミやリンク、アクセスが集中した結果から、トップページではなく下層ページがグーグルによってトップページより価値が高いと認識されたのかもしれません。

そんなことがあってからなぜトップページではなく特定の下層ページが検索結果に表示されるのかを調べていました。

今回参考にさせていただいたサイトです
検索結果にトップページが表示されない理由
【Google大変動】2017年10月28日にGoogleで大きな順位変動

そして、11月に入り下がってしまった特定キーワードでの順位が戻らないことにより、スニペットの書き換えを昨日から(11月8日)少しずつ始めてみました。

昨日始めたばかりですが、トップページ表示に順位が早速戻っていました。
スニペットを書き換えたことが原因なのかは、昨日の今日なのでこれから検証していきたいと思います。
トップページはホームページ制作の顔ですから、戻ってきたことに少し安堵です。


« |

こちらの記事もオススメです

新着情報一覧

ホームページ制作にまつわる便利な情報を長野より発信!